娘のチアフェスティバル 何年もベストパフォーマンス賞が貰えなかったチームの逆転ストーリー イタリア料理教室 東京都小平市

未分類

今日は全然、お料理の事ではありませんのでスルーして頂いて結構です(笑)

 

夏休みは娘の習い事でチアリーディングのフェスティバルがありました。

 

娘はチアリーディングは大好きな習い事です。

幼稚園の頃から何年もずっと続いてます。園内でやっている習い事なのでメンバーは基本的に幼稚園の頃の仲間です。

 

今でもほぼ毎週、府中まで行ってます。

 

親から見ていてもチアリーディングの子達は本当にみんないい子ばかりで素晴らしいなと思います。

 

なかでも先輩チアリーディングがよく面倒を見てくれているので子供達も尊敬してますし、安心感も与えて貰って団結力があるように見えます。年代問わず、仲良くまとまっているチームだなと思います。

 

しかし、チームワークもよく、演技も上手ですが、チアの大会やフェスティバルでは賞が貰えませんでした。

 

今年のフェスティバルは午前の部に出ました。参加チームは7チームです。

 

いつも目立って上手なチームが3つくらいあります。大体、みんなが狙っている賞は持ってかれてしまう(笑)

 

中には宙返りする子やバッチリと全員の動きが合っていたりのチームもあり見応えがあります。

 

小さい頃から娘達は賞が取れずに涙したり、終わると「なんでうちのチームは賞が取れないんだろう~」と言った事もありました。

 

でも、すぐに「次はみんなで賞を取れるようにがんばる!」と常に前向きでした。その繰り返しだったように思います。そしてコツコツ練習に励んでました。

 

当日の朝、娘と一緒に感情にむかっている途中、「今回はうちは個人賞じゃなくてチーム賞を狙ってる!」とそっと、決意を話してくれました。

 

実は前回の大会で娘が個人賞の候補に入っていたという事を先生から聞いて、すっごく悔しい思いをしました。だから今回は個人賞を狙ってるのかなと思ってました。でも、みんなで賞を取りたいと言ってチーム賞が欲しいとわかりました。

 

娘の言っているチーム賞というのはベストパフォーマンス賞というのです。でも、これはみんなが見ていて納得のいく上位3チームくらいがとっている賞。大きな目標です。誰もがいつものチームの入賞を思っているかと思います。

 

娘達のチームは4番目に演技しました。コロナ前は練習を見せてくれてたので成長がわかったのですがいまはないのでわかりません。コロナになってからは大会やフェスティバルでしか見られないので成長が楽しみでした。

 

娘達のチームの人数も増えていました。音楽がなると幼児から高学年までみんなで演技してました。人数も多いし、見応え的には負けてないぞ~(笑)♪

 

幼児チームの演技はかわいかった~娘の小さい頃も重ねて思い出されます。←親バカ(笑)

 

いよいよ、娘達の演技です。色眼鏡かもしれませんがしばらく見てないうちに演技も揃っていてみんな、キレッ、キレッで弾けてました~♪成長に感動して涙、ポロリ(涙)

 

他のチームも素晴らしかったです。素人の私からすれば賞が貰えるか貰えないかは微差なんだろうなと思ってしまいます。そこを見極めて審査してくださってるんでしょうね。

 

娘達の演技を見てチアのママ友達ともホッとして成長を喜び合いました。

 

さて、いよいよチーム賞の発表。まずは個人賞、続いていくつのか賞が呼ばれましたが。

 

娘達のチームは中々、呼ばれません。

 

今年は特によかったように思えたから、何かしらもられるかなと思っていたのに。諦めそうになったけど心のモチベーションを上げた、その時、最後に呼ばれました。

 

ベストパフォーマンス賞♪

今まで望んでいた賞を取ったことがないのでみんな興奮してます♪

 

感動の1日をありがとう♪こんな経験ができると思わなかったよ。正に奇跡!ただ、ただ、胸が震えた1日でした。

 

奇跡って起こるね♪素敵な時間をありがとう♪

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました