小麦粉を食べると引き起こす不調って何ですか? イタリア料理教室 東京都小平市

未分類

小麦粉を食べると引き起こす不調って何ですか?という方もいらっしゃるかもしれません。

 

珍しく怖いタイトルです(笑)

 

私は最近は小麦粉を控えたレッスンをしています。

 

生徒さんでも小麦粉を食べるとむくむとか倦怠感を感じる方もいらっしゃいます。また、ご家族にアレルギーの方がいらっしゃたり、ご自身に不安になる体調の要因があり、小麦粉を食べ続けるのが不安です。という方もいらっしゃいます。

 

生徒さんにとっても小麦粉を食べ続ける事が気になってるようです。

 

グルテンフリーのお教室ではないのですが最近では小麦粉をほとんど使わないでイタリア料理を作ってます。そろそろ小麦粉を控えたレッスンを始めて一年近く経ちます。

 

お家の食事でも脱小麦ではないので小麦粉を食べる時もあります。しかし、米粉や米粉パン、そしてお米など中心に食べてます。

 

すると体調にも変化が現れてきました。

 

私は元々、重度の花粉症でした。

 

しかし、今年は小麦粉を控えた食事をしていたのもあり、本当に症状が楽になりました。

 

信じられない位に(笑)薬は全く飲んでいません。花粉症に関しては小麦粉を控えたというのと花粉症にいいと言われるじゃばらという果実を加工して、飲んだり食べたりもしてます。

 

花粉症が楽になっただけでなく小麦粉をたくさん食べていた頃と比べると体が軽く感じるようになりました。慢性的な肩こりは随分とよくなっています。

 

しかし、小麦粉を食べ過ぎた次の日は倦怠感があったり、肩こり、肌荒れ、むくむ事こともあります。

 

小麦粉を全て排除しているという事ではないですが、控えて体が楽になったなと思います。

 

元々、不調に悩んたのではないです。健康です。体の不調を改善しようとして始めた事ではありませんが、結果、小麦粉を控えた食生活で良くなったと感じます♪

 

もしかしたらご自分では気づいていないけど、小麦粉をやめて体調がよくなり「あ〜、体調悪かったんだな」って気づく事もありそうですね。

 

小麦粉のグルテンが原因で腸や脳など体に炎症を起こすそうです。

すると、副腎からコルチゾールと呼ばれるホルモンが炎症を抑える為に分泌されます。

小麦粉を多く食べると副腎も対応しきれない場合は不調が現れるようです。

 

小麦粉を食べると引き起こす不調って何ですか?というのは倦怠感や無気力、集中力がない、アトピー性皮膚炎、むくみ、認知症、肩や背中のコリ、カフェインや甘いものの依存などに繋がってます。

 

食べ物を変えて不調が改善されるのでしたらこれほど、体にも心にも優しい方法はないかと思います。

 

今は小麦粉の代用でグルテンフリーの食品がたくさんあります。グルテンフリーのパスタや植物性タンパク質、米粉で色々と作れますし米粉を使ったパンなども売られています。

 

もし、ご自身やご家族に不調がある方や気になられてる方は小麦粉を控えていただくと他の栄養が吸収されやすくなったりと不調が改善されたりと期待できるかもしれません。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました