おいしいご飯を作る時、どこかに何かしらの黄金比率があるはずです。イタリアは小さな半島ですが世界遺産が最も多くある国です。昔から人々はどんな料理を食べてきたのでしょう。貴族と農民の食事は異なり、また飢餓に襲われることもあり苦しい時代を乗り越えてきました。人々は糧となったイタリア料理を食べ、世界遺産を生み出して支えてきた底知れぬパワーがあることと思います。

料理は心で作るもの。作り手は家族や自分の健康を思いやり、メニューを考えて調理します。おいしい料理ができる黄金比率が見つけられたら、きっと日々のお料理作りがもっとワクワク楽しくなるはずです。豊かな気持ちで料理を作り、身体の中から元気が溢れ出るようなイタリア家庭料理をつくりませんか?